【私のレポート】 餃子に合うお茶 ルイボスティー

ルイボスティー 味| 餃子の王将 | 餃子の作り方 | 焼き餃子 | 水餃子 | スープ餃子 | チャオチャオ餃子
 

餃子の作り方

餃子を店で食べるのはおいしいですが、家で手作り餃子もおいしいですよね。

餃子の作り方は、よくこねることが大切です。

まず、ねぎ、ニンニク、ショウガ、キャベツ、ひき肉を入れてよくこねます。

味付けは、醤油、酒、ごま油です。

あとは、餃子の皮に包むだけです。

焼くときは中火〜弱火でじっくりとやきます。

最初は蓋を開けたまま焼いて、その後水を加えて蓋をして蒸らします。

中身まで火が通ったら蓋を開けて、カリッとするまで水分を飛ばすように焼きます。

お店のように羽付き餃子にしたいときは、水ではなくて、水溶き片栗粉を入れるのがおすすめです。

食べるときは、ポン酢にラー油を入れるとさらにおいしく食べられます。

更に、出来立てアツアツを食べるとおいしさも倍増します。

実家では、アツアツを食べるために、目の前でホットプレートで餃子を焼いています。

他にも、ホットプレートでする食事は、お好み焼きや焼きそば、焼き肉などもよくします。

特に焼き野菜が好きで、その焼き野菜に塩を付けて食べています。

最近、テレビで紹介されていた「白トリュフの塩」というのにはまっています。

せっかく食べる物なので、どうせならおいしく味付けしたいですよね。

 

餃子の作り方はとても簡単です。

一人暮らしの時も、上手ではないですが、見よう見まねで作っていました。

包み方が難しいと思う方も多いかもしれないですが、簡単な包み方があるので、それをマスターしたら上手に餃子を包めます。

餃子にはお肉の他に、白菜や生姜、ニンニク、ネギなどをたっぷり入れます。

そこにお酒、醤油、塩などで味のバランスを整えます。

野菜餃子というのも、スーパーで売っていたりするので、お肉が嫌な方は、野菜のみでも大丈夫です。

また、合いびき肉ではなく、鶏肉で作ると少しヘルシーになります。

焼く時はフライパンや、ホットプレートに餃子を並べて少し焼いてから、お水を入れて蒸らします。

少し蒸らしてから、フタをあけて焼くと、カリッと出来上がります。

お店のように羽根付き餃子にしたいときは、お水ではなく、水溶き片栗粉を入れると羽ができます。

餃子もおいしいですが、まわりのカリッとした部分もまた、おいしいですよね。

焼きそばをホットプレートで焼いた時に、ホットプレートにひっついた焼きそばがカリカリに焼けて、それを食べるのが好きでした。

作るだけではなく、焼き方にも色々工夫してみるのも楽しいかもしれません。

また、中身もチーズや明太子など、色んなものを入れて試してみるのも楽しいですね。



餃子とルイボスティー